つくば霞ヶ浦りんりんロードがナショナルサイクルルートに指定されました。

本日、国土交通省より日本を代表する自転車道として世界にPRする「ナショナルサイクルルート」についての発表があり、第1次ナショナルサイクルルートとして、つくば霞ヶ浦りんりんロードが、ビワイチ(滋賀県)、しまなみ海道サイクリングロード(愛媛県・広島県)と共に選ばれました。

つくば霞ヶ浦りんりんロードは、霞ヶ浦などの水郷地域や、筑波山地域などの豊かな自然や風景を楽しめる全長約180Kmのサイクリングロード。

つくば市内では、廃線となった筑波鉄道跡を活用した自転車道に沿って、旧筑波町の集落や雄大な田園風景、歴史ある筑波山の姿を眺めながらのサイクリングを楽しめます。